ウッドデッキで大事なのはデッキよりも下地

本日、配達のイペウッドデッキです

※イペとは https://www.ipezai.info/

古くなったウッドデッキのデッキ板だけの交換という事で、今回はこのデッキのみの配達になります

やはりウッドデッキで一番大事なのは

「デッキ板では無く下地(根太・束柱)なんだな」

と思いました

下地(根太・束柱)が丈夫な材料ならば、デッキ板が腐食してもまだ交換で済みます

長い目で見て、ローコストで済まそうと思えば下地(根太・束柱)こそ丈夫な材料にしないといけないなとあらためて思いました

今回の現場は下地材がまた生きているので、デッキ板の交換だけで完了です

交換作業もそれほど大掛かりにはならないでしょう

下地はデッキ板を支える大事な場所です

しかもこの場所ほど「腐食しやすい場所」にもなっています

普段は見えない場所なので、下地を安い材料にして見えるデッキ材にコストをかけている現場もよく見ます

本来は逆の方がいいと思っています

何十年というスパンで見た時に今回の現場のデッキは「低いコストで保ち続けている」と言えるでしょう

イペについて https://www.ipezai.info/

イペ市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A4%E3%83%9A%E5%B8%82%E5%A0%B4-218927848139424

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です