「イペ材で30×230mmって作れる?」

今回、あるお家の手すりを担当しました

建築会社さんから

「イペ材で30×230mmって作れる?」

という問い合わせがあり

「出来ますけど、何に使われるんですか?」

「手すりにしたいなと思って」

なるほど、雨に強い材料で高級感を出したいのが狙いだなと思い製作を開始しました

イペは非常に強度の強い性質を持ち、雨に濡れる場所や海沿い・川沿いなど木材にとって厳しい環境でよく選ばれる材料です

2階の手すりという事もあって、まずは「耐水性」を配慮した材料選定です

また、今回の肝になるのがサイズの30×230mmです

イペのような「ハードウッド」と呼ばれる高耐久性木材は他にもあるんですが、30×230mmの「乾燥した」材料を作ることが出来るのはイペだけだと思います

乾燥していないと反り・縮み・ひび割れがすぐに生じる為、乾燥材であることは必須です

イペの用途は多岐にわたる為、他のハードウッドには無い大型の板や角材も輸入されているんです

その為今回のようなサイズも製作が可能で、手すりへの対応もできます

イペは高級感のある見た目で、機能としても20年以上は間違いなくもちます

完成したところを見た時「綺麗な手すりだな」と思いました

お家の方にも喜んで頂き私も嬉しいです

※イペについて https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です