20年使用できる縁側を作るのは「手間」が大事

現在製作中の縁側です

今回は「イペ」というハードウッド(超硬質木材)を使用しています

「イペ」は日本で一番公共物件に使用されているデッキで「ハードウッドの王様」と呼ばれています

その知名度は一般の方にも伝わっていて、今回はお家の方からのご指名です

イペの設置は一番難しく大工さんにとっては苦労するデッキです

そこで一番大事な事は「準備」になります

強すぎるデッキの為、ビスを打つ前に「長さカット」は当然として「ビスの下穴をあける」ことが大事になります

下穴をあけずにビスを打つとなかなか入らず途中で止まったりデッキに傷をつけたりします

(ビス穴の位置とデッキ幅を合わせている所です)

ソフトウッドの設置と比べると手間はかかりますが、この「手間」が綺麗な仕上がりににつながり、またかえって短時間で済むことにもなります

きれいな縁側が完成しました

イペなら雨に濡れる場所でも20年以上は使用できる丈夫な縁側です

これから長い間安心して縁側のある生活を楽しんで頂ければと思います

※イペデッキについて https://www.ipezai.info/

Share this...

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です