「滑り止め」付きのベランダについて

表面に「滑り止め」のあるウッドデッキです

こういったウッドデッキは公園や遊歩道など公共の場所によく使用されています

今回使用したイペは特に表面が滑らかな性質の為、雨の日はやや滑りやすくなります

その時にこんな感じの波形を付けることで、靴との摩擦をよくし安全性を向上させることができます

今回は一般住宅のベランダでしたがお家の方からの希望で「滑り止め」のイペを設置しました

かなり広さのあるベランダでしたので今後の事を考えて安全に使用できるようにしたかったのだと思います

ステップの部分にも滑り止めを付けています

「滑り止め」は既製品では無く、ご依頼を受けてから追加工して製作しています

よって加工費がプラスになりますが、安全性との兼ね合いになります

イペは特に20年以上使用できる高耐久性ウッドデッキです

「安全に、かつ長持ちするベランダ」

これからはここでそれを表現してくれると思います

※「滑り止め」付きのウッドデッキについて https://www.ipezai.info/

Share this...

「イペのウッドデッキでこういった加工までしたものを作れますか?」

「イペのウッドデッキでこういった加工までしたものを作れますか?」

図面を見るとサイズも特注でビスの下穴まであけたモノを10トントラック1車分の枚数でした

施設の屋外デッキの交換らしく、あまりにも広大なスペースなので現場での加工を極力なくしたいといったご要望でした

確かに何百枚とあるデッキをイチイチ現場で長さカットをして、ビスの下穴をあけて、設置して、端材は片づけて・・・といい風にしていたのでは終わらないでしょう

かなり責任重大でしたが「サイズも特注」だったこともありお受けしました

「サイズが特注」という事は既成サイズのイペデッキを再加工してそのサイズに仕上げるという事です

そうすると機械から出てきたデッキは「まっすぐ」になっているという事です

ビスの下穴をあけるのはここが大事で大元のデッキが真っすぐになっていないとビスの穴位置もずれてしまいます

ビスの頭の部分がきちんと表面から下に入るように「皿ザグリ」を設けています

長さ・厚み・幅・ビスの下穴

ここまで図面通りに仕上げればあとは取り付けだけです

ここは人海戦術でビスを打ちこむだけです

普通のイペデッキを購入するよりも「加工費」は上がっていますが、設置時間に対する「人件費」はそれ以上に下げることが出来るでしょう

また端材も出ないので処分費や処分にかかる手間もありません

トータルで見ると大幅にコストは下がったのではないでしょうか

出荷した後はちょっとドキドキしましたが1か月後に完成の連絡を頂いてやっとホッとしました

枚数(金額)が多いこともあり緊張した案件でしたが思い出に残る案件にもなりました

※イペデッキの加工について https://www.ipezai.info/

Share this...