「室内の柱カバーにイペを使いたいんですけどこんなの出来ますか?」

「室内の柱カバーにイペを使いたいんですけどこんなの出来ますか?」

建築会社さんからの図面を見た時に「こんなの出来るかな?」が最初の印象でした

まず「室内」ということは冷暖房が利くので「含水率を下げることが一番重要だ」と思い、人工乾燥を2回かける予定にしました

次に「こんなサイズのイペが取れるかな?」というところで、大型盤木を見て必要なサイズと枚数を見ながらとれるかどうかを確認して

「やったらいけるんじゃないか」

と職人と一緒に希望が見えてきました

形も複雑なだけでなく「ビスの下穴」まであける依頼だったので相当神経を使う作業でした

① 各サイズへの製材(指定サイズより一回り大きくとります)

② 人工乾燥を2回かける

③ 指定サイズ・形状へ加工

④ ビスの下穴をあける

こんな工程で各材料を仕上げていきました

現場へ納入した後も「大丈夫だったかな」と心配しましたが「完成しましたよ」の連絡を受けて見に行きました

「凄いなコレ!!」

単純に今まで見た事が無い使用だったので、その感動と「建築会社さんのアイデアって凄いな」と思いました

これは他には無いモノだと思います

お家の方にも喜んでもらえると嬉しいですね

※イペの建具・柱カバーについて https://www.ipezai.info/

Share this...

イペの込栓「出来る限り硬いモノが欲しい」

ちょっとうす暗い所で撮った写真ですがこれはイペ製の「込栓」です

込栓とは材料を固定させるために打ち込むもので今回は「出来る限り硬いモノが欲しい」というご要望でしたのでイペで製作しました

この形状では他に屋外設置のベンチのボルト穴に打ち込むこともあります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じになります(これはイペではありません)

イペはその強度と耐水性の高さによっていろんな所で活用されています

その為「こんなモノ作れる」といった複雑な形状のモノのご依頼も多くあります

我々が出来る範囲の事はおこなって、いろんな場所で使用して頂きたいです

※イペ製の込栓について https://www.ipezai.info/

Share this...