意外に重要なイペ柱100×100mm

イペの柱 100×100mmです

意外ですが他のハードウッドは柱は90×90mmが最大で100×100mmがあるのはイペだけだと思います

当然、90×90mmサイズもあり、耐久面・機能面からもこのサイズで十分ですが、公園などの公共施設で使用頻度が高く、頻繁に取り換え工事などが出来ない場所、より安全面を優先させなければいけない場所ではこの100×100mmが使用されています

写真で見るとただの角材ですが、意外と重要な場所で使用されている材料です

イペ柱 100×100mmについて  https://www.ipezai.info/

イペ角材も壁として使う

イペのウッドデッキ(20×105mm)と角材(70×70mm)を外壁に使って頂きました

角材を立てらせて壁にするのは初めて見ましたのでこれはまた違った感じになったなと思います

イペでしたら間違いなく20年以上は使用できるので、これからも安心して壁として機能していくことでしょう

イペの壁板について  https://www.ipezai.info/

デッキを景観の一部として見る

公園の喫茶コーナーにあるテラス部分にイペデッキを設置しています

ウッドデッキからの眺めは最高です

こう見るとウッドデッキも景観の一部品に過ぎません

周りの景観と調和し、空間を演出できるような色合いのデッキが大事かなと思いました

イペウッドデッキについて  https://www.ipezai.info/

イペデッキの滑り止め

イペデッキの滑り止め加工(リブ加工)です

通常のフラットの場合、雨が降ったりすると表面が滑りやすくなります

そこで公園や遊歩道など公共の場所でのデッキにはこのような滑り止め加工をしたデッキがよく使用されています

イペの場合、20年以上の使用は問題ないので、あとはさらに安全面でも十分な配慮をすれば全天候型で皆様に安心して使って頂ける製品になると思います

イペデッキの滑り止めについて  https://www.ipezai.info/

イペのデザイン加工(いしがき)

イペデッキの表面にいしがき模様の加工を施しました

これはデザイン加工の一種で、普通のウッドデッキとは異なる価値が付かしています

これまでイペは高耐久性・屋外でも20年以上使用できる、といった機能面でご要望を頂いていました

そこに加えてデザイン性を付加することで他には無いインパクトを持つ材料に変わります

これは私よりもこの材料を活かせるアイデアを持った方はいらっしゃると思います

イペ材のデザイン加工について  https://www.ipezai.info/