長い間安心して足元を任せられる材料は

イペ材のベランダを今から作る所です

現場の方はすでに入られていて、我々は材料を納めたところです

大引き(90×90mm)とデッキ(30×120mm)だけでしたがこの程度の数量でも重たかったです

今から施工する大工さんは大変だと思います

束は鋼製束を使用していました

ステップも作っていて丈夫なベランダが完成です

元々20年以上はもつイペに表面塗装までして、寿命はまた延びたと思います

長い間安心して足元を任せられる材料はイペがトップです

ここでお家の方の生活を長期間支えてもらいたいと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/

Share this...

「イペに滑り止めを付けてくれる」

「滑り止め(リブ)を付けてくれる」

イペの加工依頼の中で一番多い依頼がこれです

公園や遊歩道など特に公共の場所で使用する時に依頼されます

表面に溝を付けることで摩擦を大きくし、滑りにくくしています

滑り止め付きのデッキは受注生産になるので、いつも依頼を受けてからの製作になります

特に雨の日なんかは滑りやすいので、もっと安全性を高めたい時はこのような対策があることを知って頂ければと思います

※イペの滑り止め(リブ)加工について https://www.ipezai.info/

Share this...

「イペ材で込栓作って欲しいんやけど」

「イペ材で込栓作って欲しいんやけど」

公園に置くベンチにウリン材を設置する際にボルト穴をふさぐ為の栓です

当然、雨にも負けない耐水性と打ち込む時にウリンにも負けない強度が必要ということでイペが選ばれました

こうしてみるとどこに打ったか分からないくらいです

出来上がりを見ると面白いベンチだなと思います

※イペの込栓について https://www.ipezai.info/

Share this...

事前の穴あけでコスト削減

「イペを塀に使おうと思うんやけど穴ってあけれる?」

大工さんからの問い合わせでした

住宅の塀を作る予定で、その時に現場でカットや穴をあけるのは大変なのでこっちで仕上げてから持って来て欲しい、とのことでした

「出来ますよ。そしたら手描きで構わないので図面を送ってもらえますか?」

「分かった、後で送るわ」

ここから加工開始になりました

納めた後大工さんから

「はよ終わって助かったわ」

と連絡がありました

ボルト止めだけなので一日で出来たとのことです

材料費に関しては加工費が上がりましたが、作業日数が減ったので人件費が安くなったとのことです

トータルではお安く済んだのではないかと思います

こういったコストダウンもあるんだなと思いました

※イペデッキの穴あけについて 

Share this...

「イペの柱で140角ってある?」

「イペの柱を使いたいんやけど140角ってある?」

公園で使用する柱でこのサイズが必要とのことでした

「長さと本数を教えて頂けますか?」

既成サイズでは無理な為、特注サイズで作らなければいけません

こういう時の為にイペの大型角材を保管していて、これから作るようになります

サイズ・本数から取れそうだったのでそこから製作開始です

大型角材をまずは製材→四面加工・R面取り→長さカット で完成です

140角もあれば相当長持ちします

公園で使用するからには長い耐久年数が必要です

イペならそれに十分お応えすることが出来ます

完成したところを見てみたいな

※イペの特注角材について https://www.ipezai.info/ 

Share this...