中庭の階段を新調

「イペでこんなサイズの物作れますか?」

設計士さんからのお問い合わせで

「これは何に使われるんですか?」

と聞いたところ

「階段に使おうと思って」

なるほど

イペの板で厚さ40mmで幅280mm長さ1200mmと既成サイズには無い大型サイズでした

どこかのお家の中庭へ下りる階段に使用するとのことで、ちょっと倉庫に行ってそれが取れる板があるのかを確認してきました

「作れます」

そうお応えして製作を開始しました

長さが短いのが幸いして、枚数は結構多かったのですが指定数量を取り出すことが出来ました

イペを指定したのは「腐食」の対策です

イペのような腐食に強い「ハードウッド」と呼ばれる樹種は何種類かありますが、今回のような大型サイズが作れるのはイペだけではないかと思います

設計士さんの狙い通りの製品と、お家の方にとっても丈夫で安心して使用できる階段が完成しました

私もイペならば安心してお渡し出来ます

今までと異なる中庭への風景も存分に楽しんで頂ければと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/

「ボルト穴+長さカット」でコストを抑える方法

「イペのデッキに穴開けてもってこれる?」

大工さんからの依頼で聞くと現在塀を作っているそうです

「イペのデッキに穴をあける」というのは塀板として使用するイペのデッキに「ボルト穴をあけて持って来てくれ」という事です

そうした場合、当然「長さカット」もしなければいけません

現在建設中の塀の柱の距離を聞いて「長さカット+ボルトの穴あけ」をして持って行きました

ここまで加工しておけばあとは「ボルト止め」だけで済みます

大工さんは一人で作業をしていましたが一日で設置完了しています

当然、「長さカット+穴あけ」の費用は材料費にプラスになりますが、その分設置時間・日数が格段に減っているので人件費は下がります

トータルすると最小限のコストでの設置が完了しています

大工さんもそれを狙っての加工依頼だったと思います

工事で一番費用がかかるのは人件費です

人件費を安くする為に、材料費が上がってもトータルは安くさせることが出来る、という事を知って頂ければと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/

驚き!!「強さ」や「使用年数」ではなく完全に「デザイン」を求められた

これはイペのウッドデッキに「いしがき模様」をつけたものです

デザイン加工の一種で、とかく「強さ」や「使用年数」ばかり求められるウッドデッキにデザイン性を取り入れてみようという試みです

当初は「まずやってみよう」という何の狙いもなくただ面白そうだからという事でやってみましたが、出来上がったデッキを見ると「これをお店とかのデッキに使ったらどうなるんだろう」と想像が膨らみました

最初はイペも模様があり、見栄えのするデッキなのですが、雨に濡れたりすると徐々に色が落ちてきます

最後はグレーになてしまうのですが、こうなったら他のデッキとは見分けがつきません

あとは「出来る限り長く腐食せずに使えること」が求められています

しかし、このいしがき模様を付けていれば色落ちした後もそのデザイン性は衰えないのでインパクトは残り続けます

普通、こんな模様の付いたウッドデッキは無いでしょう

それだけでも人の目を惹き付ける場所になり、それが永続的になっている

これが今までのデッキと違う価値だなと思いました

「魅力が衰えない」

これはやってみて気づかされました

デザイン加工には他にもこんな感じのものもあります

やりだして驚いたのはウッドデッキ以外に使われたことです

いしがき模様を付けたデッキを「外に置く家具に使いたい」とか「寝室の壁に使おうと思って」など、これまでイペの魅力だった「強さ」や「耐久年数」ではなく、完全に「デザイン」を求められたからです

面白いなと思いました

私もまだ気づけていない魅力があるかもしれないと思い、たまにご紹介させて頂いてその魅力を教えてもらいたいと考えています

※イペについて https://www.ipezai.info/

「イペでこんなの作れますか?ラックにしようと思って」

「イペでこんな板作れますか?」

「これは何に使うんですか?」

「ラックの板にしようと思って」

最初「えっ」って思いましたが、どうやらイペの木肌をラックに活用したいということでした

初めての使用用途だったので、肝は「とにかく乾燥度合いだな」と思い、人工乾燥は2回かける必要がある、と想定して話を進めていきました

乾燥していないと木材は変形します

「室内で使う・ラック」

これを考えると乾燥が必須なのは当然です

指定されたサイズも薄い板だったのでちょうど良かったです(厚いとなかなか水分が抜けないんです)

しかし大きめの板を挽いて、人工乾燥を2回かけて、そこから変形したとしても指定サイズは取れるくらいの余裕を見ての製作です

※人工乾燥をかけた時にも変形は生じるので

とにかく「ラックに使える」という条件で指定されたサイズの板を製作して出荷しました

数か月後にこの写真が送られてきたときはこれを作った方・考えた方に感心してしまいました

「イペ」というものに対して「ウッドデッキで使うもの」という固定観念を持っていたのは私の方で、こんな柔軟なアイデアや使われ方があるんだなと気づかせてもらいました

多角的な面からイペの魅力・用途は様々だと感じます

※イペについて https://www.ipezai.info/

何も気にせず過ごせる時間をできる限り長くしたい

新しく設置した縁側です

以前あったものが老朽化の為、今回は全て「イペ」というハードウッドで設置しております

「イペ」はこのお家の方からのご指名で「相当強いみたいやね」と言われていました

確かにイペはハードウッドの代名詞であるウッドデッキで「ハードウッドの王様」と呼ばれるくらいいろんな場所で活用されています

特に海岸沿いや川沿いなど木材にとっては腐食しやすい場所ほど利用されている気がします

それほど強いウッドデッキなので一般の方にも名が浸透しているようで、今回の施工にいたしました

また建築会社さんが入念に表面に塗装も施しています

イペは無塗装でも20年以上使用できるので、これで更なる耐水性が向上されています

でも今回の塗装は耐水性の向上というよりも色落ちの対策の方が大きいかなと思います

無塗装だと当然徐々に色が変わってグレー色になっていきます

お好みの色合いをキープさせたい場合は表面塗装しかありません

床下もイペの束柱ですので安心して活用して頂ければと思います

ここが一番腐食しやすい場所なので、デッキ材よりも下地の束柱・大引き・根太ほど丈夫な材料にした方が寿命が延びます

いざ生活が始まると縁側の耐久性とかには気にしなくなると思いますが、腐食すると「これ大丈夫かな」と不安になってきます

イペも永遠に使えるわけではないのでいずれ腐食する時が来ますが、その時をできる先に見送ることが出来るのが利点です

「何も気にすることなく過ごせる」

これが最も大事なことだと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/