イペだけが製作可能だったテーブル板

公園に設置するテーブルの天板を「イペ」で製作しました

※イペとは https://www.ipezai.info/

屋外に設置するテーブルなので「すぐに腐食しない木」が必要です

「イペ」はその条件に最も適した木材で、屋外でも20年以上腐食せずに使用することが出来ます

これほどの強度を持った木材はあとはウリン・マニルカラくらいでしょうか

その中でイペが選ばれたのは、この特注サイズへの対応の可否です

今回指定されたサイズは厚さ40mm 幅270mmです

イペ・ウリン・マニルカラの中でこのサイズが出来るのはイペだけです

イペは「特注サイズへの対応が出来る」特に特大サイズ(幅広)への対応が出来るのが最大の特徴です

今回はこのサイズを合計6枚関東へ向けて出荷します

頑丈なテーブルで20年以上その役目を果たしてもらいたいと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/

特注サイズを行うようになった経緯と今後

今度、公園の柱で使用するイペ角材140×140mmです

イペの既成サイズは100×100mmが最大なので、今回はイペの大型角材から特注で製材・加工して仕上げます

イペは昔から公共の場所や施設でよく使われてきた為「こんなサイズ無いの?」と段々既製品にないサイズのご希望も増えてきました

既成サイズよりも小さいサイズなら何とか加工して仕上げられますが、既成サイズより大きいサイズになると長い間対応不可になっていました

現地工場では「300×300mm以内の角材ならあるよ」と言われていたのですが、こういった特注サイズは常にある注文では無いですし、何のサイズが来るかもわからなかったので二の足を踏んでいました

しかし段々と特注サイズの声が多くなってきたところから「大型角材・板を仕入れよう」となって今に至ります

確かに既成サイズの方が頻繁にお声をかけて頂くのは間違いないです

でも「特注サイズのイペを作れる」ということで声をかけて頂くことも多くなってきたので、こういった「特注サイズのイペ」の製作・加工は継続していこうと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/

「2階の手すりにしたいんやけど、イペでこんなの作れる?」

「2階の手すりにしたいんやけど、イペでこんなの作れる?」

大工さんが希望していたのは厚さ30mm 幅230mmの板でした

特注サイズのイペでしたのでウチに問い合わせてきたとのことです

※イペとは https://www.ipezai.info/

我々も倉庫の中にあるイペの大型盤木を見て

「このサイズでしたら作れますよ」

「じゃあ○○まで持って来て」

と製作を開始しました

イペの大型盤木をまずは製材します

大まかに35×235mmに製材した後、四面加工・R面取りで30×230mmに仕上げます

手すりの長さが結構長かったので、何枚かに分けて納めさせて頂きました

このような既製品とは違う「特注サイズ」の製作はこれまで何度もおこなってきました

イペのご要望は多岐に広がっているので求められるサイズも多様化している感じがします

でも出来上がった現場を見ると今まで見た事が無い状態になので見ごたえもあります

いい手すりが出来たと思います

お家の方にも喜んで使用して頂ければと思います

※イペについて https://www.ipezai.info/

入念な塗装をしたイペのベランダ

先日納入したイペデッキのベランダが完成したので見に行ってきました

今回はデッキ板のみ(下地は別素材)で入念に塗装仕上げにしていました

「イペデッキ」は無塗装でも「20年以上使用できる」超硬質木材です

厚さ20mmでも問題ありませんが、今回は厚さ30mmのデッキで更に表面塗装までしています

これで更に使用年数が伸びることは間違いありません

現場に納めた時がまだこんな状態だったので、完成したところを見るとやはり大工さんの手間・作業の努力を感じます

確か一人で施工されていたので大変だったろうなと容易に想像がつきます

お家の方にとっても安心して長く使えるベランダになりましたので、今から始まる新しい生活を満喫して欲しいなと思います

※イペデッキについて https://www.ipezai.info/

皿ビスの下穴付き 遊歩道のウッドデッキ

公園の遊歩道で使用するイペデッキをオーダーメイドで製作しています

「こんなデッキを現場まで持ってこれますか?」

図面で指示されていたのは「長さカット」と「ビスの下穴」を設けたデッキで、もう現場では取り付けだけの状態にまで仕上げて欲しい、とのご依頼でした

「長さカット」は問題ありません

「ビスの下穴」は神経を使う作業です

特に今回は「皿ビス」の下穴の為、ザグリも「皿ザグリ」になっています

※ザグリとはビスの頭も表面から下にもぐるように設ける穴の事です

皿ザグリの場合、少しでも寸法を誤ると、もうビスの頭が表面から出てしまうので慎重にやらなければいけません

ちなみに同じザグリでもボルト穴の場合は穴径と深さに余裕があれば表面から出ることはないのでやりやすいのです

今回はこれだけの枚数を製作して発送します

長さの方は問題ないと思いますが、やはりビス穴については完成するまでは心配です

本日発送ですが、何事もなく無事設置が完了しますように

※イペとは https://www.ipezai.info/