中庭の階段を新しくすると

ご自宅の中庭に降りる階段板のご依頼を受けて、イペという樹種で製作しました

イペ材に関してはお施主様の指定で、この幅の広いサイズもイペ材でしか取れないサイズでしたのでちょうどよかったです

イペという樹種は非常に強度の強い性質を持ち、これまでも公園や遊歩道など国内の公共の場所のウッドデッキによく使用されてきました

その信頼と実績は一般の方にも知られることになり、今回のように指名されることも多いです

イペ材でしたらこういった雨に濡れる場所でも20年は使用することが出来ます(塗装・防腐処理も不要)

この家の方にとって安心感を持って過ごすことが出来るようになります

デザインとしても周りがコンクリート主体の空間なので、階段板を木材にすることでお互いを引き立て合ったコントラストとなって良いと思いました

見た目も丈夫さも刷新された中庭の空間をこれから存分に楽しんで頂ければと思います

イペ材について https://www.ipezai.info/

Share this...

材料費をかけて人件費を抑える

イペウッドデッキを塀板に使用するとのことで、長さカット・ボルトの穴あけをしました

イペは雨ざらしの場所でも20年以上使用することができる超硬質木材です

外部の塀板でしたらその特性を存分に生かせます

ただしその分加工が大変な樹種でもあります

なので、現場でのカットや穴あけを省略する為に事前に我々が加工して現場へお届けしています

そうすることで現場作業は取り付けだけになるので、作業者も数人で時間も短時間で済みます

材料費は加工賃が加わるので高くなりますが、その分人件費を抑えられるのでトータルでコスト削減になります

「出来る限り安く、でも丈夫なものを」

これはどのユーザーさんでも希望されていることだと思います

その一つの方法としてご参考にして頂ければと思います

イペ材施工のコストダウンについて https://www.ipezai.info/

Share this...

イペ材に鋸目模様をつけると

これはイペウッドデッキの表面に鋸目模様をつけたものです

デザイン加工の一種で、これはウッドデッキから別の製品への移行を意味します

これまでこの製品を使用した場所は、家具・室内の壁です

本来のウッドデッキとはもう異なる製品として使用されています

イペ材でこのような製品は見たことが無いです

木材でもこのような模様の製品はほとんどないと思います

この製品を装飾部材として使用することで「今まで見たことのない空間」を演出できます

「今まで見たことのない材料」で「今まで見たことのない空間」を創って欲しいと思います

イペ材のいしがき模様について https://www.ipezai.info/

Share this...

イペのいしがき模様

イペウッドデッキの表面にいしがき模様を付けました

これはデザイン加工の一種で、ウッドデッキとは違う用途で使用されています

これまで家具や室内の壁に使用されてきました

イペはこれまで「屋外耐久年数20年以上の超硬質木材」といった機能としての役割をウッドデッキという形で果たしてきました

今回のいしがき模様ではデザイン性と希少性が役目になります

木材でこのような表面加工はなかなかできません

しかもイペという木肌を持った樹種にすることで「他に見たことのない材料」に生まれ変わります

例えば店舗をつくる時に「他に見たことのない材料」は「他に見たことのない空間」を演出します

人の目を惹く、というのは非常に重要な要素になります

店舗や住宅空間を創造するのに「他に見たことのない材料」を使ってみるのも一つの手段だと思います

イペのいしがき模様について https://www.ipezai.info/

Share this...

イペの役目とは

明日現場に配達するベランダに使用するイペ一式です

ウッドデッキは厚さ30mm 幅105mm

束柱・大引きは90×90mm

これで作れば相当丈夫なベランダが出来上がります

イペは塗装や防腐処理をしなくても、屋外で20年以上使用することが出来る超硬質木材です

その為、昔から公共の場所によく使用されていて、その信頼と実績から一般の住宅まで知名度が浸透していくようになりました

新たなベランダが完成すると、ベランダのある新しい生活が始まります

大げさかもしれませんが新しい生活を安心して満喫して頂くためにも、安全で丈夫なデッキというのは存在していると思います

新しい生活の下支えとして存分に役目を果たしてほしいです

イペウッドデッキについて https://www.ipezai.info/

Share this...