室内の柱カバー・板をイペ材で

住宅の柱の表面をイペという樹種の模様にするために、柱カバーを製作しました

見た目を統一する為に柱カバー周辺の板類もイペ材にしました

イペ材は元々外部のウッドデッキに使用される木材で、非常に強度の強い材料として知られています

木目も美しいのですが、今回はその見た目を室内に展開したいという設計士さんからのご依頼でした

ほぼ組立パーツのような加工で現場では取り付けだけの状態にまで仕上げました

室内使用は想定していない材料でしたので乾燥度合いが心配でしたので人工乾燥を2回して十分に乾かしてから加工をしました

難しい加工でしたが今回のような新たなチャレンジはこのイペ材の持つ可能性を広げてくれました

天然木の見た目は一枚ごとに異なります

それが風合いとなってこの空間の雰囲気を作る要素になってくれればうれしいです

イペ材の柱カバー・建具について https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です