「ハードウッドの王様」と呼ばれるウッドデッキ

公園の喫茶コーナーの屋外デッキを交換しました

以前は「イペ」という樹種のウッドデッキが設置されていましたが、今回も指名を受けたのはやはり「イペ」です

この樹種は日本の公園や遊歩道などの公共の場所で最も使用されているウッドデッキです

性質は以下のような感じです

① 屋外での耐久年数20年以上

② 塗装や防腐処理のメンテナンス不要

③ 設置後の経年変化も良好

多くの人が訪れる場所・安全第一・管理の手間の軽減、これらを考慮した時にイペの持つ性質が木材の中で一番合致していると思います

その為、一度イペを設置した場所は交換時もやはりイペを指名されます

それ程実際に使用しての経過が良かったのだと思います

イペは別名「ハードウッドの王様」と呼ばれるようになりました

多くの公共の場所で積み上げてきた実績でそう呼ばれるようになってきたのだと思います

またこれからもその実績と信頼を積み上げていくと思います

イペについて https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です