公園の柱で20年は使用できる

こちらは公園の手摺に使用する柱です

サイズは100×100mmです

公園で使用するので屋外でも長期間腐食せずに使用できなければいけません

そこで指名されたのが「イペ」という樹種です

イペは高耐久性木材(ハードウッド)に分類される木材で、その強さはこういった屋外でも20年以上使用することが出来ます

その間に塗装や防腐処理も必要ありません

こうした性質から公園や遊歩道などの公共施設に一番よく使用されています

「屋外でも長持ちする」「塗装や防腐処理などの手間がかからない」

この要素は公園を管理する方にとって一番望んでいるものだと思います

日本に入ってきている高耐久性木材は何種類かありますが、大体柱の最大サイズは90×90mmで、100×100mmはほとんどないと思います

この強さならば90×90mmの柱でも大丈夫だとは思いますが、念を入れて最大サイズ100×100mmがあることもイペの指名につながっていると思います

これは長い歴史の中で公共の場所で使用されてきたイペが「他にもこんな感じで使いたい」といったお声にこたえるべく、記載サイズ外の製品を指定されることが多くなってきたことに起因しています

その中で先程の「念を入れて」の気持ちから100×100mmサイズの指定が多くなり、これが既成サイズとして後から成り立った経緯があります

公園を管理する方の気持ちを満たすサイズかもしれません

イペでこのサイズでしたら間違いなく20年以上は使用できます

我々も安心してお渡しすることが出来ます

イペについて https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です