超複雑!!イペ製家具の部材製作

今回はかなり複雑な形状のご依頼を受けました

この材料を組み立てて家具にするとのことです

図面を頂いた時、正直「これは出来るかな?」と不安になりましたが、職人と相談し考えられるリスクを対処する方法でスタートしました

まず考えられる不安要素は乾燥度合いです

家具で使用するとなれば乾燥材であることが必須です

幸い使用する材料は薄い板でしたので乾燥はしやすいサイズではありました

人工乾燥を2回かけてから加工開始です

機械加工で出来る部分と手作業じゃないとできない部分がありましたが、職人さんが頑張ってくれてなんとか完成させることが出来ました

これを組み立てればどんな家具になるのか

完成した時はぜひ見に行きたい案件です

イペの加工について https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です