「いしがき模様」には「新たな価値」が生まれる

これはデザイン加工の一種で「いしがき模様」をウッドデッキに彫り込んだものです

※デザイン加工とは https://www.ipezai.info/#007

今までウッドデッキは「使用年数」や「耐久性・耐水性」など機能面で選択されていました

このデザイン加工はその機能に加えて文字通り「デザイン性」を加える試みです

今回施した「イペ」というウッドデッキは「耐久年数20年以上」のハードウッドです

この機能に加えて、このいしがき模様を彫り込むとどうなるのか

これをカフェのテラスに敷くとどうなるのか

「人目を惹く」場所に仕上がることは間違いありません

多くの人が訪れることを良しとする場所(店舗・公共施設など)に「人目を惹く」という要素は非常に重要になります

これまでの「イペ」に求められていた「20年以上、安心・安全に使える」をベースにさらに「人目を惹く」要素を加えたウッドデッキは新たな価値を創造しています

この「いしがき模様」には新たな用途にも広がりを見せています

「室内の壁」や「家具」に使用されました

「新たな価値」は「新たな用途」を生み出します

もしかすると今まで求められていた「強度」から「見た目」へシフトしていくかもしれません

※デザイン加工について https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です