木材を選ぶ基準は「実績=信頼」

今度公園に設置するイペ柱140×140mmです

これは既製品サイズ(最大100×100mm)を大きく超えるサイズだったのでいつもの大型盤木(角材)から製材→加工して取り出しました

イペで140角だったら相当頑丈な柱になります

公園仕様の木材は何よりも「耐久年数」が大事です

管理する方も一度設置したら一本一本監視するのは不可能ですので「それをしなくても大丈夫な木」を求めています

そういったご要望に応えてきたのが「イペ」です

1980年代に公園や遊歩道などに木材を使用する流れがあり、その時最初に一番使われたのが「イペ」です

その後の経過も順調で信頼を勝ち得たからこそ、今もイペの使用が求められています

その後、いろんなハードウッドが日本に入ってきましたが「20年以上の使用実績」を持つ樹種はイペとウリンくらいでしょうか

例え20年以上使用できる樹種はあるのですが、やはり使用する方にとってまだ実績のない木を選ぶのは勇気がいるんです

「実績=信頼」があることはイペの強みだと思います

でも実際にきちんとその期待に応える役目を果たしたことからその信頼を得ているので、イペの選択は当然間違いありません

今回もまたいい柱が設置されます

また実績を積んで信頼を勝ち得ていくことでしょう

※イペについて https://www.ipezai.info/

アバター

投稿者: ipeadmin@

塚田木材株式会社 イペ担当 塚田智大 イペのウッドデッキ・角材の販売から加工までおこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です